旦那さんに会社の制服ズボンのすそあげを頼まれた。

うわー・・・ミシンを引っぱり出すのは億劫(おっくう)だし、そもそも糸のセッティングを思い出せる気がしない。

どうにか針と糸で縫わないですそあげできる方法がないか調べてみたら、「裁ほう上手」というものがあるらしい。

これは救世主!と思い、期待してすぐにネットで購入。

今回は使ってみた感想を書きます。

スポンサーリンク

裁ほう上手の使用感

形状は歯磨き粉みたいなチューブで、押し出すと透明な液が出てきます。

成分は密着性が高いウレタン樹脂で、熱を加えると硬くなる性質を利用しています。

使い方はいたってシンプル。

①接着したいところに液を出して、付属のヘラで少しのばす。

②20秒ほどアイロンで熱を加える。

仕上がりのイメージです。

アイロンをかけた直後でもしっかりくっついています。

ミシンを使った場合とほぼ変わらず、見た目に違和感はなし。

また何度か洗濯しましたが、はがれることなくきれいな状態を保っています。

すそあげ以外の用途として「裁ほう上手」の公式動画では、布をはりあわせて子どもの通園バッグを作る様子が紹介されています。

ただ、いっさい縫わないバッグは強度的に心配でそこまでは信用できないかな、というのが私の正直な気持ちです。

すそあげ程度に使うのなら便利なので今後も愛用します。

裁ほう上手と相性がいい素材

今回試したズボンは生地が丈夫な作業着です。

熱を加えたところは硬くなるので、ジーンズや作業着など厚い生地の素材と相性がよいと思います。

質感が変わってしまうおそれがあるので、やわらかい生地やとろみのある素材には使わないのが無難です。

スポンサーリンク

液のはみ出しに注意


接着したい箇所から液がはみ出てしまうと、アイロンをかけた時に液のあとが残ってしまいます。

すそあげの場合、液が残った部分は内側にきて見えないので問題ありませんが、接着面が表にくるときは注意が必要です。

まとめ

裁ほう上手の使用感をまとめるとこのようになります。

  1. 縫う手間がはぶけてとても便利
  2. 洗濯にも耐えられる
  3. 厚い生地に使う
  4. 液のはみだしに注意

ミシンで縫う手間がなくなるというのは大きなメリットです。

現場からは以上です!

Sponsored Link
おすすめの記事