【投資信託セミナー】セゾン投信中野社長が語ったのは、インフレに負けないお金の生かし方だった【預金はリスク】

先日、「【初心者向け】投資信託の選び方はカレーに例えると分かりやすい気がする。」という記事を書きました。

その記事の中で例として挙げていたのが、実はセゾン投信の商品でした。

参考:セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド

そのセゾン投信の「お金の育て方」というセミナーが開催されるという。

社長が地方まできて自ら語ってくれる貴重な機会だったので、毎月積み立てている私はぜひ聞かないと!と思って足を運びました。

今回は、そのセミナーで話していた内容をレポートします。

会社概要や社長の経歴が気になる方はこちらから。
セゾン投信株式会社 代表取締役社長 中野晴啓

日本経済って成長してるの?

高度経済成長期からのデフレ

日本は戦後、1945年~1990年頃までの約40年間、毎年7~8%の経済成長率だった。

こんなに長く成長を続けたというのは、世界の他に例を見ない。

じつは統計学上、日本の経済規模は1997年にピークを迎えている。(約523兆円)

それ以降はほぼ横ばいで20年が過ぎている。横ばいということは、20年間GDP(国内総生産)がほとんど変化していないということ。

これがもはや経済の深刻な病気=デフレというわけだ。

そして、デフレから抜け出せない=経済が全く成長できない時代が続いている。

(ただし、2016年のGDPが約510兆だということを考えると、顕著に縮んだというわけではない。)

相対的に見ると日本は確実に貧しくなってきている

世界では、経済規模がこの20年で中国は10倍、アメリカは2倍、成長している。
日本はほぼ横ばい。

普段生活している分には変化を感じないかもしれない。
ただ、このデータから世界規模で相対的に見ると、日本は相当貧しくなったといえる。

預金が美徳とされる日本人

もともと日本人は現ナマ(現金)大好き民族で、預金という行為に走る。
お金を貯めることはある種の美徳で、日本人のDNAに刻み込まれている。

いつからそういう考えになったのか。きっかけは1945年にさかのぼる。

1945年に第二次世界大戦が終わり、日本に残ったのは焼け野原だけだった。敗戦を迎えて国のお金はすっからかんだった。

これから日本を立て直していくにはお金が必要だ・・・!

当時の官僚が国民(当時8500万人)に向かって、

「皆さん、銀行に預金すると良い社会になりますよ」と、ある種の洗脳を行った。

これが現代まで受け継がれるDNAとなった。
そして、この預金が産業振興の礎となり、めざましい経済成長につながったことは事実。

いまは「出口の見えないデフレ」と言われ続けているので、日本人は将来に対してなんとなく不安を覚えている。だから現金にますます依存しようとする。
日本国民全体の預金は、いまや1000兆円に達すると言われている。日本の経済規模の倍の金額を、個人が現金で貯め込んでいるのだ。

また、どうやって調べたか分からないが、タンス預金の額は43兆円と言われている。
ギリシャの経済規模は30兆円といわれているので、それより多い。
日本には、地中海マフィアも真っ青の「世界有数の地下経済」が存在している。

1万円札はただの紙だ

そもそもお金はしょせん紙だ。印刷費20円のイリュージョンだ。大切なものだけど。

本来、正しいのは「お金はお金のままでなく世の中へ循環させ、経済に寄与して国を豊かにしていく」ということだ。

そうすることで新しい笑顔、価値観、感謝が生まれる。 戦後の産業振興が起こったように。

また、1つの日米格差がある。
日本とアメリカでは寄付の文化がまったく異なる。
1人あたりの年間寄付額は、日本人がおよそ2,500円に対して、アメリカ人は13~14万円だ。
しかもアメリカは年収300万円以下の層がもっとも寄付をしている。
子どものころから、「国全体を豊かにしていくために寄付や投資をして世の中にお金をまわしていきなさい」という教育がされているからだ。

「お金はしょせん、紙」というアメリカの価値観を裏付ける、個人金融資産についてのデータがある。

日本 アメリカ
15年前 1,500兆円 4,500兆円
現在 1,800兆円 9,000兆円
預金率 53% 13%

15年前の金額は、人口当たりだと日本とアメリカは同じくらいの水準だった。

しかし現在は、せっせと預金して300兆円しか増えなかった日本に対して、アメリカは倍の金額になっている。

また注目すべきは預金率で、アメリカ人は1000万円あったら100万ちょっとしか預金せず、残りは投資にまわすということだ。

そして投資信託の運用額は、日本は100兆円、アメリカは2000兆円。人口あたりに換算しても個人の投資規模がまったく違う。

だから、この十数年で行動の違いが大きな相対的格差を生んでいるのだ。

アメリカの経済規模は50年間ゆるやかに右肩上がりを続けている。

複利でリターンも平均9.8%ある。米国株へ投資しない手はない。

それでも手元にある諭吉を眺めていればいいという人へ

日本のGDPがこの先も横ばいのままということはありえない。

GDPが下がるインフレ(物価が上がり、お金の価値が下がる状態)を想定しなければならない。

いま、日銀は2%のインフレを目指している。

たとえばそれは、100円のものが102円になるということだ。そして毎年2%ずつ物価が上がっていくということだ。

本来なら上がった2%分の金利が受け取れるはずだが、金利は上がらない。ということは、「物価が上がった分だけ貧しくなる」ということ。そこで一番損をするのは現ナマ主義・タンス預金の人たちだ。

また、今の日本には1000兆円の借金がある。

借金といえどもお金だから、インフレになれば借金の額も減る。だから日銀はインフレにもっていきたい。

ただしそうなると、金利がつかないままインフレの物価上昇で吸い上げられた国民のお金は、借金の補填に使われる。

つまり、国民から国へ強制的な「富の移動」を起こそうとしている。

高度経済成長期は「一億総中流社会」といわれていたから、時代の流れに乗っていればみんなそれなりに豊かになれた。でも、もう今はデフレの時代だから、より深刻な格差社会になっていく。

GDPの下落にあわせて下りエレベーターに乗って貧しくなっていく人現ナマ主義)と、

個人金融資産をコツコツ増やして資産形成の階段を上っていく人投資する人)に分かれる。

今がまさに、下りのエスカレーターから降りて、上がっていく階段を選ぶときだ。

インフレに負けない資産運用をするための国の施策

国民に「預金はもういいから、この制度を使ってもっと世の中にお金をまわして!」と、政府や金融庁がすすめている制度がある。

「つみたてNISA」と「iDeCo(個人型確定拠出年金)」だ。

通常、投資信託へ定期的に積立をすると20%の税金がかかる。

しかしつみたてNISAに申し込んでいれば毎年40万円まで非課税になる。しかも20年間だから、800万円の節税になる。

つまり、月に3万3000円くらいは非課税で投資信託にまわせるといえる。

また、金融庁が今年度の「金融行政方針」を出し、その中ではっきりと安定的な資産形成を提唱している。

そこでキーワードとして挙げているのが「長期・積立・分散投資」の三原則。

少額から投資できるようなNISAへ改善し、投資教育にも力を入れることが書いてある。

世界経済規模は、2010年は60兆ドル。その40年後の2050年には250兆ドルになると言われている。
単純に考えると、40年間、毎年3~4%で成長を続けるということ。

「成長するものにお金を働きに出せば必ずリターンがある」
だから世界に分散投資していきましょうということ。

投資信託は約6000本あると言われているが、つみたてNISAの対象になったのはたった103本。

金融庁が「日本の経済成長や国民生活の豊かさを維持する」という目線から、プラスにならない意味の無い商品は対象外にしたと言われている。たとえば2~3年の短期の投信や、毎月分配型の投信だ。

そして、つみたてNISAの対象に選ばれた103本のなかに、セゾン投信の商品は2本とも選ばれている。

セミナーを受けてみての感想

一番の収穫は、自分の選んだ投資信託の社長から直接話を聞けたこと。

ホームページやパンフレットだけでは伝わらない熱量が感じとれた。

格差社会は避けられない。

けれど、大多数の普通に生活をしている人たちが一人でも多く、

・インフレに負けない資産運用をはじめること
・世の中にお金を回して国の経済を豊かにすること
・そして結果的に、投資したリターンをしっかり得て、個人資産を増やすこと

それらの大切さを熱心に語っていた。これを全国まわって話をしているのだという。

また、銀行をはじめとする金融機関の、わかりにくい投資商品の手数料や内容を批判していた。

今回、「お金の育て方」というタイトルのセミナーでしたが、

結果的に「国民別のお金にまつわる価値観を分かりやすく理解できた」形になり、

また「投資行動によって自分のお金を生かして未来を明るくできる」という気持ちになれた。

昇給しない・インフレ政策の世の中だとしても、ちゃんと考えて投資すればインフレに相殺されない、それ以上のリターンが得られる。

そう考えれば、漠然とした不安がうすれて、日々の生活を前向きにできると思う。

はじめは運用方針と理念に惹かれて申し込んだセゾン投信ですが、いまのところ運用には満足しているので、これからも信じてコツコツ積み立てていこうと思います。

ではまたー。