送料無料で本が受け取れるネット書店「e-hon」は、地方書店を救うかもしれない。

地元の書店に行ってみて、がっかりすることはよくあります。

欲しいCDはまず置いてない。雑誌も少ない。

話題の本もあまり置いてなかったり、冊数も多くない。

定点観測のようにチェックしている、いつもの棚のラインナップも変わっていない・・・。

田舎の書店に最低でも週一で通っておいて、代わり映えや刺激を求めて逆ギレしている私が悪いですね・・・。

(ごめんなさい!)

私が住む長野県は「平安堂」という書店がメジャーで、県内に15店舗ほど展開しています。

ただ、近年はAmazonをはじめとするネット注文が便利すぎて、書店もその影響をもろに受けています・・・。

もしも、唯一本が直接手にとれる場所、平安堂がつぶれたら困るし、悲しい。

だから、「できるだけ店で本を買いたい」とつねづね思っています。

その思いに応えてくれるサービスがe-honで、実際、頻繁に利用しています。

こんな人に利用してほしい

  • まだまだ紙の本がいい
  • 在庫が豊富な書店が近くにない
  • 「どうせ行っても欲しい本は置いてないだろうな」とあきらめている
  • 予約カードとか取り寄せの手続きが面倒、はずかしい
  • でも地元の書店が無くなるのは困る、少しでも応援したい

e-honのサービス

ネット書店「e-hon」(イーホン)
本、雑誌、CD・DVDをお近くの本屋さんに送料無料でお届け!

引用:ネット書店e-hon

つまり「e-honのサイトで欲しい本やCDを注文してくれたら、指定した書店に届けるから受け取ってね」という仕組みです。

利用する手順は以下の通り。

①対象店舗の確認
まず、住んでいる地域にe-honのサービスを導入している書店があるかを確認します。

お受取り店舗一覧

※もし近くに対象店舗がない場合でも、1,500円以上無料の自宅配送サービスがあります。

②登録
生活圏内で利用できそうな書店が見つかったら、会員登録をして、受け取る店舗(My書店)を登録します。

③注文
e-honで欲しい本などを注文します。

※商品ごとに発送までにかかる時間の目安が記載されているのでチェック。

④通知
登録しておいたメールアドレスへ③の注文情報が届くので確認します。

その後は、発送完了した時と商品がMy書店へ到着する時に通知がメールで届きます。

⑤受け取り
到着予定のメールが来たら、My書店で商品を受け取って支払いをします。

レジに行ってe-honで注文した旨を伝え、名前を言うだけで商品を持ってきてくれます。

完了!

ポイントがつく

そもそも、e-honというサービスを知ったのは、その平安堂の店内で流れていたインフォメーションがきっかけでした。

「ネット書店e-honをご利用で、ブルカポイント7倍」

え?7倍?

(ブルーカード:平安堂が導入しているポイントカードシステムで、ポイントがたまると自動的に商品券が送られてくる仕組みです。)

頻繁に利用してるので、ポイントがたまりやすくなって商品券の額が増えるならメリットしかない。

そう思ってチラシをもらい、すぐに登録しました。

時期によって7倍だったり、3倍だったりキャンペーンの内容は変わりますが、

書店はポイントを増やしてでもe-honをたくさん利用して欲しいんだなということは十分に伝わってきます。

ただ、もちろんe-honには独自の「e-honポイント」があり、そちらを導入している書店もあるようです。

Amazonとの使い分け

ここまで書いてみて、書いている私自身、「このサービス内容なら、まだまだAmazonに軍配が上がるな」と思っています。

「Amazonのほうが早いし、最初から自宅に届けてくれるじゃん」という意見はド正論です。

ただ、Amazonにはなくてe-honにはある素晴らしい点があります。

それは、登録したMy書店」にマージンが入るということ。

e-honは送料無料・手数料なしなので、サービスを利用しても基本的に消費者の負担はありません。(交通費をのぞく)

だったら、私は同じようにネット注文するなら、地元の書店に少しでも利益があるe-honを利用したい。

(ただ、急ぎの場合はどうしてもスピード感のあるAmazonを利用します。)

このe-honの仕組みに賛同して積極的に利用している人もいるようですので、紹介します。

書店の魅力をもういちど考えてみる

冒頭の「書店にがっかりする話」に少し戻ります。

本を読むのが好きな人は、「本との出会い」にも期待していると思うんです。

「書店で偶然手に取った本がとても良かった」という経験。

買うつもりがなかった、期待してなかったというマイナスからプラスへの急上昇は

読書ライフを続けるうえで刺激的で、とてもうれしい出来事。

そして、実店舗の一番の強みや魅力だと思います。

でも、書店が衰退していくということは、そういう機会も減ってしまうことだと思うのです。

e-honを利用する人が増えれば、地域の書店も少しは盛り返すかもしれない。

e-honの受け取りのついでに、店内で何か買うかもしれない。

個人的には、e-honがつくった「書店に足を運ばせる仕組み」に乗じて

書店はどんどん攻めてほしいと思います。笑

e-honの注文情報からマーケティングできないのかなー。

ともあれ、私はこれからもe-honを利用して書店にどんどんお金を落とします。

(正直kindleもかなり魅力的ですが・・・)

あなたも地元の書店を応援しませんか。

ネット書店e-hon

書店で出会って、今も私にとって大事な「お気に入り」になっている本も紹介しています。

【関連記事】

【推薦図書】「なめらかなお金がめぐる社会」理想に向かって行動を起こすヒントが詰まった本。

つらいときこそ本を読め!書店へ通う習慣と本を活かすことを教えてくれた運命の一冊【推薦図書】

こちらもぜひお読みください。

ではまた。