営業などの仕事をしている場合、接待で食事をした後に二次会はカラオケという流れになることもあるでしょう。

わたしは女ですがキャバクラやスナックへ連行されることが多かったので、接待カラオケスキルもやたら高くなりました。

ここでいう接待カラオケとは、相手を楽しく気持ちよくさせるカラオケです。

ですが、正直に言って接待カラオケが得意でも特別な武器にはなりません。

唯一のメリットは、相手に覚えられて親近感を持たれて仕事上でもコミュニケーションがとりやすくなること。

つまり仕事を円滑に進めるために有効なスキルと言えます。

なぜなら、接待カラオケは「たくさんある引き出しから相手や状況に応じた選曲ができる」という忖度(そんたく)スキルを匂わせられるからです。それが結果的に自分の評価を上げることにつながります。

評価や出世に特に興味がないと思っているあなたも、相手を楽しい気持ちにさせて損することはありませんよ。

接待カラオケという発想が完全に社畜だということはさておき、上司に「最初に歌え!」と言われて困るあなたはぜひ参考にしてください。

早く曲が知りたい方は、すぐ下のもくじから飛べます。

接待カラオケでの5つの心構え

大前提として、残念なことにこれは手当のつかない残業です。

「お金もらえないし冗談じゃない、無理」と思うなら、どさくさに紛れてサッと帰りましょう。

下手でも恥をすてて全力で歌う

行くことを決めたら、気持ちを割り切って思い切りの良いピエロになりましょう。

もうマイクを握った瞬間に自分のなかでスイッチを切りかえること。

中途半端に恥ずかしがっているとその場の空気も微妙になります。

大丈夫、聴衆のほとんどは酔っ払いなのであまり聴いていないです

人が歌っている時は聴く

誰かが歌っているときはなるべく聴きましょう。

酔っ払いがしゃべったりしてるなか、音楽にのっている感じを出せれば印象は良いです。

お酒を飲んでないシラフの人はその場をわりと冷静に見ています。

キャバ嬢やスナックのママなどお店の人が歌っている場合ももちろん聴きましょう。

周りがだらしないからこそ、普通のことをしてるだけで「こんなガヤガヤしている場でもちゃんと聴いててくれたんだ」と決して悪い印象は与えません。

その場にいる一人一人にさりげなく気を配るあなたの姿を誰かが見ています。

また、単純に他の人の選曲はとても参考になるので、自分のレパートリーのアップデートに役立てましょう。

なるべくMVが流れる曲を選ぶ

あればラッキーという程度です。

とりあえず、本人映像やミュージックビデオはそれだけで一時的でも目を引きます。

懐かしさに訴えるならなおさら効果的です。

電話やドアの近くに座る

飲み物やおつまみの注文をスムーズに進めることが目的です。

また、見落としがちなポイントは飲み終わったグラスを集めること。力加減がおかしくなった酔っ払いほど危険なものはないです。

大惨事になる前に、テーブルの際どいところに置いてあるグラスはさりげなく集めて店員さんに渡しましょう。

デュエットをお願いする

その場のメンバーと自分のレパートリー曲を考えたうえで、一緒に歌えそうな人がいたら誘いましょう。

1人より2人のほうが盛り上がります。

相手の心を動かす選曲のポイント


選曲するときに大切なのはその場のメンバーの年齢層です。年齢が違えば当然、聴いていた音楽も違います。

盛り上がることが一番ですが、じつは他にも人の心を動かす要素があります。

人は「懐かしさ」を感じるものにとても反応が大きい。

「学生時代に」「就職したての頃に」聴いていた曲というのは強く思い出に残っているものです。

ですから、明るく元気な曲だけでなく、しみじみと懐かしさを感じさせるような曲も狙います。

そうすると「あれ、こいつ分かってるな・・・!」と相手をうならせることができるので、雰囲気にあわせて「動と静」のタイプごとに曲を挙げてあります。

自分で簡単に曲を探す方法も書いたので、この記事もぜひ参考にしてください。

30代の盛り上がるカラオケ曲


「小さな恋のうた」MONGOL800
「STEADY」SPEED
「名もなき詩」「シーソーゲーム」などMr.Children全般
「Chase the Chance」「Don't wanna cry」安室奈美恵
「WOW WAR TONIGHT」H Jungle with T
「そばかす」JUDY AND MARY
「夢見る少女じゃいられない」相川七瀬
「タイミング」ブラック・ビスケッツ
「HOT LIMIT」TM Revolution
「誘惑」GLAY
「HONEY」「STAY AWAY」L'Arc~en~Ciel
「Boys&Girls」「M」浜崎あゆみ
「LOVEマシーン」モーニング娘。


「ロビンソン」「チェリー」スピッツ
「WHITE LOVE」SPEED
「HOWEVER」GLAY
「Automatic」宇多田ヒカル
「Hello Again」MY LITTLE LOVER
「HELLO」福山雅治
「硝子の少年」Kinki Kids
「世界が終わるまでは・・・」WANDS

40代の盛り上がるカラオケ曲


「ダンシング・ヒーロー」荻野目洋子
「うれしいたのしいだいすき」DREAMS COME TRUE
「おどるポンポコリン」B・Bクイーンズ
「浪漫飛行」米米CLUB
「ああ夏休み」TUBE
「エロティカ・セブン」サザンオールスターズ
「ロマンスの神様」広瀬香美
「YAH YAH YAH」CHAGE&ASKA
「BOY MEETS GIRL」「サバイバルダンス」TRF


「TRUE LOVE」藤井フミヤ
「空と君とのあいだ」中島みゆき

50代の盛り上がるカラオケ曲


「My Revolution」渡辺美里
「六本木心中」アン・ルイス
「万里の河」CHAGE&ASKA


「そして僕は途方に暮れる」大沢誉志幸
「幸せになろうよ」長渕剛

60代の盛り上がるカラオケ曲


「水色の雨」八神純子
「プレイバックpart2」山口百恵
「勝手にしやがれ」沢田研二
「また逢う日まで」尾崎紀世彦


「喝采」ちあきなおみ
「人形の家」弘田三枝子
「酒と泪と男と女」河島英五
「銀の雨」松山千春

デュエット曲

「奇跡の地球」桑田佳祐&桜井和寿

「世界中の誰よりきっと」中山美穂&WANDS

「ロンリー・チャップリン」鈴木雅之&鈴木聖美

「愛が生まれた日」藤谷美和子&大内義昭

「北空港」桂銀淑・浜圭介

全年代が知っている曲


「空も飛べるはず」スピッツ
「女々しくて」ゴールデンボンバー
「恋するフォーチュンクッキー」「ヘビーローテーション」AKB48
「恋」星野源


「I LOVE YOU」尾崎豊
「壊れかけのRadio」徳永秀明
「糸」中島みゆき
「島人ぬ宝」BEGIN
「世界にひとつだけの花」SMAP

まとめ

今までの内容をまとめると、接待カラオケで大事なポイントは以下です。

接待カラオケのポイント

  • 下手でも恥をすてて全力で歌う
  • 人が歌っている時は聴く
  • なるべくMV(ミュージックビデオ)が流れる曲を選ぶ
  • 電話やドアの近くに座る
  • デュエットをお願いする
  • 盛り上がるだけでなく懐かしさにも訴える

行きたくなくても雰囲気的に行かざるをえない場面もあると思います。

どうせ残業代が出ないなら、その時間を少しでも自分のためになるように使いましょう。

こちらの記事もぜひお読みください。

現場からは以上です!

おすすめの記事