「今日のご飯、何にしよう・・・」

いっそもずくとかでいいかな・・・

私自身、いつも目先の食事のことが気になっています。

「今日の夕飯、何がいい?」
「毎日の食事づくりのヒントがほしい」
「レパートリーに悩む」
「買い物をまとめて済ませたい」

つまり、献立を考えるのが面倒で、作り始めるまで腰が重いあなた。

今日はその悩みが少し解消するかもしれません。

スポンサーリンク

献立を見える化する

結論から先に言うと、解決につながるのは「献立客観シート」です。

料理のレパートリーを見える化するシートのこと。

献立客観シートとは?どうやって書くの?

「考えない台所」という本に、この献立客観シートの作り方と活用方法が書かれていました。

本の概要としては、台所や食べ物にまつわることを、もっとシンプルに効率よくこなすための様々なテクニックが書かれています。

例としてシートのイメージを挙げてみます。

炭酸の献立客観シートはこちら。

・焼く・炒める系が多く、蒸す・ゆでる系が少ない。
・豚肉多用しがち。(だっておいしいんだもの)

この表はオリジナルより少し簡略化してあります。

より細かく検証してみたい方は、

・「煮る」などの調理方法を、さらに和洋中など料理のジャンル別に分けて書いてみる。

・食材のジャンルを細かくする。 (例)野菜、麺類、お菓子

というように、好きなように項目を追加するとシートがより充実したものになります。

献立客観シートのメリット

自分のレパートリーをこうしてシートに落とし込んでみると新鮮ですよね。

一覧で見える化されたことによるメリットは、

  • 最近作ってない料理が一目でわかる
  • 献立に迷わない
  • 数日~1週間単位で買い物ができる
  • 新しいメニューへ挑戦できる→レパートリーが増える

ということです。

食事を作る際の一番のストレスは、料理を作ること自体より何を作るか迷うことだと考えます。

そういう迷いがなくなることがこのシートの一番大きなメリットです。

途端に気が楽になるし、材料の買い出しや調理への取りかかりもスムーズです。

そして、表に新しいメニューを書き込めるとうれしくなります。

「よし!次はゆでる系のレパートリー増やそう!」

といった具合に、モチベーションも上がります。

生きることは食べること

食事は美味しく楽しいのが一番です。

でも毎日のことなので当然、作るのが面倒だなと思うこともあります。

一方で、自分や家族の体のことを考えると、食をおろそかにしてはいけないなと思います。

だから、せっかくご飯を作るならスムーズに楽しくできるほうがいいですよね。

毎日の楽しい食事のために、シートをぜひ活用してみてください。

ではまた。

Sponsored Link
おすすめの記事