今回のツアー名"REBUILD"のとおり、新たなギャンパレを築きあげる過程に立ち会いたいなと思って名古屋公演を観に行った。

どんなライブをするのか自分の目で見るのがすごく楽しみだった。

開演前に延々と流れるレッチリ、けたたましく鳴る登場のSEに会場が沸く。

そして9人がステージに並ぶ。目の前にいるGANG PARADE。

「実在したんだ...」というのがバカみたいだけど率直な感想で、目の前にいる人たちがホンモノだと実感が湧かないままライブがスタートしてしまった。
憧れの人を前にすると目だけ離せなくなって言葉少なげになるが、まさにそんな状況になった。

こんな感覚は10代で上京したときの大きなライブハウス以来かもしれない。そんな心境になったことに自分でも驚いた。

思い思いの"遊び場"

ステージに気をとられていたら「Plastic 2 Mercy」で隣にいた知らない子に肩を組まれた。
それが定番だからごく自然なことかもしれないけど、ちゃんとファン(遊び人)と認められたようで嬉しかった。

観客も振りを覚えていてステージにあわせて手を動かしている。
曲ごとにコールを叫んで、推しメンの名前を呼ぶ声も絶えず聞こえる。

動画・写真撮影OKなので思い思いに写真を撮っている人もいる。

最前列の人たちは立派なレンズがついたカメラを構えていて、ライブというよりさながら撮影会だった。

最初からクオリティはあきらめ、記念にスマホで数枚撮ってあとはライブに集中した。

ダンスに魅せられて

曲が進むにつれダンスをずっと目で追ってしまう。
特に惹かれたのはサキちゃんマイカ。2人のダンスに共通するのはセクシーさ。

サキちゃんはそれぞれの瞬間で自分の魅せ方をおそらくとことん追求している。
自分の感情と曲のストーリーと、両方を伝えようとしてくれている。
細身の体がしなやかに動いて、とても優雅。

体や髪の動きが作り出す軌道みたいなものは、見ている人の目に残像のように映ると思っている。それが楽しみにしているダンスのひとつの見どころだ。

その観点から見ると、サキちゃんの動きに連動して見える軌道やシルエットは、すごく魅力的に映った。

坊主頭で髪の動きもないのにすごくなめらかで美しい。表情も目線も含めた表現に釘付けになる。
歌っていない時にも気付くと目で追っていた。

マイカはメリハリのあるダイナミックな動き。黒髪ボブを揺らしながら可憐に踊る姿がとてもいい。どこか扇情的でもある。
表情も切なげで目が離せなくなる。
かと思えば、クシャっとした笑顔に簡単に心を持っていかれてしまう。ああ好き。

皆同じ振りをやっているはずなのに、個性が出るものなんだな〜と感心した。
やっぱり動画で見るのと実際目にするのでは、訴えかけてくるものが段違いだ。

楽器を弾いているバンドとはまた違い、ダンスはこんなに感じ取るものが多いのか、と思った。

動きや表情、めまぐるしく変わっていくフォーメーション。歌の意味をより深める役割もある。

ひとりひとりが全力で魅せてくれるダンス、そしてシンクロする一体感。

つまり個と集団の良さ、それぞれが両立しているステージで見ていてとても楽しい。

曲ごとの感想

P2M」では覚えていた振りを一緒にやりながら観た。やっぱりこの曲はアンセムだけあって一体感がすごい。凱旋のココが叫んだ「おまたせ名古屋!!!!」の声で我に返る。

「盗られそう」はライブ映えするシリアスでかっこいい曲。手の上げ下ろしのタイミングも揃っていてすごいな。

「UNIT」は見どころがたくさんある。この曲は終始マイカさんのきれいな横顔に見入ってしまった。メンバーの立ち位置がそれぞれすごく良い。ミキちゃんの「歌ってー!!!」がようやく生で観れた。

「pretty pretty good」、自己紹介後のppgはぶち上がる。
そしてAメロ終わりのミキココマイカのパートが好きすぎる。エビ反りでお腹が見えてかわいい。

「Happy Lucky Kirakira Lucky」ppgから激しいダンスが続く。みんな自分の歌の時に息がぜんぜん乱れてなくてすごいなーと素人目線で思う。

「QUEEN OF POP」は歌い出しと落ちサビ周辺にマイカさんの通る声がすごくいい。彼女の声は王道のアイドルという感じがする。

FOUL」で観客が叫ぶ"BODY&9SOUL"は9人に至るまでのストーリーが走馬燈のように流れる気がして、すごく感動した。

イミナイウタ」の爆音に驚いたドクソンが全身でビクッ!てしてたのが可愛かったが、ほんとに爆音だったためにわたしもそれ以降右耳が死んだ。

GANG2」は生で見たかった曲の一つ。やはりこの曲は伝わってくる熱量がとても大きい。
感情的に歌い上げている姿に涙腺を刺激されて泣きそうになる。

CAN'T STOP」は自然とファンへ想いが向かっていく曲だ。
ステージから見て、隣どうしつないだ手が上がって揺れている光景は壮観だろうなぁ。

単純に大好きな曲でもある。

セットリスト

REBUILD TOUR in 名古屋
01:Plastic 2 Mercy
02:盗られそう
03:UNIT
04:pretty pretty good
05:Happy Lucky Kirakira Lucky
06:QUEEN OF POP
07:走る!!
08:WE ARE the IDOL
09:Barely Last
10:sugar
11:FOUL
12:Beyond the Mountain
13:イミナイウタ
14:GANG PARADE
15:BREAKING THE ROAD
16:GANG 2
17:CAN'T STOP

自分たちの感情や野望を吐露するだけではなく、周りを包み込んで力強く進んでいくフェーズに入ったギャンパレ。

REBUILDの集大成を来週のZEPP TOKYOで観られる人がうらやましいな。

現場からは以上です。

おすすめの記事