以前都会的音楽について記事を書いたけど、それをアップデートするような音楽が出てきた。

これはまたかっこよくてずるいバンドだ、King Gnu。

芸大出身の2人を含む4人組のバンド。
最近だとアニメBANANA FISHの曲に「Prayer X」が使われている。

今をときめく米津玄師もおすすめしていたとか。

King Gnuの音楽性

いろんな要素がミックスされた音の坩堝(るつぼ)。

前身バンドのSrv.Vinci(サーバ・ヴィンチ)から改名してKing Gnuとして今年出たシングルがこれ。

いつだって主役はお前だろ

万人に向けた最大公約数的な歌詞。何よりも映像がかっこよすぎないか。

このMVも自前のクリエイティブ集団PERIMETRONが作っている。

ふと無意識にベースの動きを追いながら聴いていることに気づく。荒々しいギターもいいけどこの曲の影の主役はベースだと思う。

展開していくつなぎ目のフレーズが印象的。スキマを埋める短い拍のなかに濃いリフが詰め込まれている。

かと思えば歌謡曲のようなどこか懐かしいキャッチーさもある。

自然にストーリーに没入させていく言葉、つまり歌詞もすごく大事な要素だと思っていて。

だから強いメロディと歌詞が両立していて聞き終わったあとも自然と耳に残る。

音を重ねたボーカルは浮遊感のある映像とも相まって少し神秘的だ。

降り注ぐようなフランジャーギターの音がとても心地いい。

MVを貼りきれないけど、ブラックミュージックをベースにジャズ、ヒップホップの要素やストリングスが入っていたり、1stアルバムは意欲作だった。

いまは興味のある音楽をどんどん試している過程のように感じる。

これからまたどんな曲を届けてくれるのか楽しみ。

荒々しさをあえて武器にする

顔面、ファッション、映像どれをとってもレベルが高い。

よくある評価図でいえばきれいに大きな五角形になるだろう。

いろんな方向性でどの曲もかっこいいと思わせるking gnuの音楽のポテンシャル。

しかもそれが培養されたような量産型のかっこよさじゃなくてどこか無骨で野生的なのもいい。

このバンドは売れるだろうなー。

created by Rinker
¥1,621 (2018/11/20 16:33:53時点 Amazon調べ-詳細)
現場からは以上です!

おすすめの記事